泌尿器科のご案内

泌尿器科について

泌尿器科について

現状では外来に超音波装置しかありませんので、下記疾患の診断治療を中心に診療しています。

対象疾患

前立腺肥大症
男性特有の排尿障害を主とした疾患で、前立腺容積や残尿などをチェックして内服治療もしくはカテーテル治療につなげていきます。
過活動膀胱
女性に多い尿意切迫感のある疾患です。残尿さえ少なければ内服治療で改善することが多いです。
前立腺癌
PSA(前立腺特異抗原)という血液検査の結果を踏まえ、前立腺生検で確定診断をし、手術治療・各種放射線療法・ホルモン療法を提示、治療を進めていきます。
そのほか尿管結石、膀胱炎など泌尿器科全般を診療させていただきます。
新病院移転後は膀胱鏡や手術道具もそろうため、悪性疾患を含め、さらなる検査治療が可能になります。

担当医

大西彰
副院長・泌尿器科部長
透析センター医長・医局長兼務

大西 彰

(おおにし あきら)

専門科
泌尿器科
外来担当日(曜日・診察帯)
月・午後診
水・午後診
専門分野
腎臓内科全般、透析バスキュラーアクセス関連
出身大学
京都府立医科大学
資格所属学会、指導医、
専門医、認定医等
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 緩和ケア研修会修了
趣味
適度な飲酒、ゴルフ、麻雀
紹介文
2021年度から勤務している大西です。
腎臓内科では、外来ではバルンカテーテル管理や内服調整など各種処置に加え、必要な症例に対しては一人でできる限りの手術をしています。
腎臓内科では症状の緩和や悪化予防、蛋白尿の精査をしています。
透析では毎日の管理はもちろん、内シャント障害の診断治療も積極的に行っています。
患者様とその家族に誠実に、分かりやすく向き合い、過ごしやすい生活の助けになるよう日々考えながら診療に当たります。