栄養科のご案内

Department of Nutrition

栄養科の特徴

概要

当院栄養科では、各疾患に応じた「食事管理」と「栄養管理」を行っています。

食事管理
食事は治療の一環として位置づけされており、医師の指示に基づき、入院療養者さまの症状や年齢に対応し、又衛生管理を行いお食事の提供をしています。
栄養管理
入院及び外来の疾患ある患者さまの栄養相談を行っております。特に入院中、治療食を召し上がっている患者さまには、積極的に病室訪問し食事内容の説明や相談を行っています。
また、栄養サポートチーム(NST)では、チームの中心として、その他褥瘡対策チームの一員として活動し、チーム医療に携わっております。

特徴

それぞれの患者様の治療に合わせた食事の提供をしています。

食事の一例

常食(一般食)

常食(一般食)

透析食

透析食

糖尿病食

糖尿病食

また食事形態においても一口大キザミソフト等の対応しております。

食材
通常
大キザミ
キザミ
ソフト食(軟菜)

2~3cmの
一口大にカット

1~2cmにきざむ
またはほぐす

ムース状

ムース状

鶏肉

1~2cmの
一口大にカット

5mm~1cmに
きざむ

ムース状

ムース状

南瓜

1~2cmの一口大にカット

5mm~1cmにきざむ
(皮つき)

ムース状

ムース状

新病院に向けて

診療技術部門の一つとして、患者さまの症状や栄養状態に合わせた食事を提供することで、疾病の早期回復や合併症の予防を図り栄養面からサポートしていきたいという事を心に留めて、日々仕事に取り組んでいます。