腎臓内科のご案内

対象疾患

軽度の腎機能障害から、蛋白尿が続いている方、血液透析導入直前の方まで幅広く診療します。かかりつけのクリニックなどと病診連携をとりながらその人に適した管理をしていきます。
腎機能障害は、初期は症状がないですが、カリウム・リンなどの電解質バランス、体液管理、貧血管理を担っていきます。また糖尿病を始め多様な合併症も多いので、腎臓以外の精査および専門家への紹介もしていきます。
蛋白尿は放置すると腎不全に進み、診断によっては免疫抑制療法で改善や治癒することもあります。その診断のために積極的な腎生検を行っています。
血液透析導入前は、前述の管理の徹底だけではなく、血液透析希望であれば内シャント作製手術を適切な時期に行います。また腹膜透析や腎移植の説明も同時にさせていただき、希望の方法をともに相談しアドバイスしていきます。

担当医スケジュール

※横スクロールでご確認ください

診察時間
午前

9:00〜

大西

担当医

大西彰
副院長・泌尿器科部長
透析センター医長・医局長兼務

大西 彰

(おおにし あきら)

専門科
腎臓内科
外来担当日(曜日・診察帯)
月・午前診
専門分野
腎臓内科全般、透析バスキュラーアクセス関連
出身大学
京都府立医科大学
資格所属学会、指導医、
専門医、認定医等
  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 緩和ケア研修会修了
趣味
適度な飲酒、ゴルフ、麻雀
紹介文
2021年度から勤務している大西です。
腎臓内科では、外来ではバルンカテーテル管理や内服調整など各種処置に加え、必要な症例に対しては一人でできる限りの手術をしています。
腎臓内科では症状の緩和や悪化予防、蛋白尿の精査をしています。
透析では毎日の管理はもちろん、内シャント障害の診断治療も積極的に行っています。
患者様とその家族に誠実に、分かりやすく向き合い、過ごしやすい生活の助けになるよう日々考えながら診療に当たります。