検査科のご案内

Department of Inspection

検査科の特徴

検査科の特徴

概要

“質の高い医療の提供のために、 迅速かつ正確な検査データを臨床の場へ“

検査科では血液や尿を分析する検体検査

心電図や聴力検査、肺機能検査などの生理機能検査を行っています。 測定されたデータは、医師の診断や治療の方針決定に活用されます。 臨床検査技師と臨床工学技士のダブルライセンスや認定資格を持った技師が在籍しています。

特徴

“チーム医療として 縁の下の力持ちのような存在“

検査結果が無ければ、病気の診断をすることや、患者様の病態を正確に判断することが困難になります。チーム医療のサポート役として臨床に貢献しています。 情報共有、連絡、相談が常に行われており、迅速かつ正確なデータを提供する体制が整っています。

検体検査室
  • ●生化学検査:血液の中に含まれる様々な酵素、脂質類、ミネラルなど生命維持に欠かせない成分を調べます。これらは健康状態の目安として病気の診断や治療効果、予後の判定に重要な判断材料となります。
  • ●血液検査:赤血球数や白血球数など血液を構成している成分を調べます。
  • ●一般検査:尿たんぱくや尿糖など尿の成分を調べます。また顕微鏡を用いて細菌や尿中血球や上皮などを鑑別します。

検体検査室

生理機能検査室
  • ●心電図検査:心臓の電気信号をグラフの形に記録することで心疾患の診断に用います。
  • ●聴力検査:オージオメーターという機械を用いて、左右の耳の聴力を測定します。
  • ●ABI・CAVI検査:動脈のつまりや動脈の硬さを計測し、血管年齢がわかります。
  • ●肺機能検査:呼吸器の病気を疑う時や、肺の状態を見るときに行う検査です。
  • ●PSG検査:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の重症度、タイプの判別などを行います。CPAP治療法もあります。
新型コロナウイルス検査

リアルタイムRT-PCR検査や等温核酸増幅法(NEAR法)迅速キットを導入し、新型コロナウイルス感染症にも対応しております。

新病院に向けて

現状に甘んじることなく常に前進することを考え、スタッフ一同、日々研鑽に努めてまいります。 新病院の理念でもあります地域に「認知」され「信頼」される病院をモットーにまずは業務として「正確」・「迅速」に提供し「信頼」を築きたいと思います。 この「信頼」が「認知」されれば、微力ながらも地域医療に貢献できるのではないかと思います。

検査科は 「give and give!」の精神で頑張ります!