人工透析内科のご案内

対象疾患

西京都病院では1971年より透析治療を開始、現在は65床の透析ベッドに加え、ICUにおける重症患者様に対する各種血液浄化、新型コロナウイルス感染者専用の隔離されたベッドを設けており、様々な要望にお応えすることが可能です。
治療としては、HD(血液透析)、HF(血液濾過)、on lineHDF(血液濾過透析)、ECUM(限外濾過)、CHD(持続血液透析)、CHF(持続血液濾過)、CHDF(持続血液濾過透析)、PE(血漿交換)、CART(腹水濾過濃縮再静注療法)、血液吸着療法(リクセル、PMX)などを施行することができます。

透析時間は(月)(水)(金)
・第1クール8:00~12:30
・第2クール13:30~17:30
・第3クール18:30~ 22:30

(火)(木)(土)
・第1クール8:00~ 12:30
・第2クール14:00~18:00 となっております。

透析患者様は、色々な合併症をお持ちの方が多いため、糖尿病や消化器疾患は当院で、心臓病や眼科疾患は近隣病院と連携をとって安定した経過を目指します。当然透析室でも体重管理、内シャント管理、フットケア、血液検査データ管理、栄養指導などをしていますので、定期的に各種検査があります。

また、足腰が不自由な方に対しては介護タクシーなどを使った送迎サービスをしています。ご自身での通院が困難になられたらスタッフにお声がけください。
京都への旅行や帰省などで臨時の透析が必要な方の受け入れも積極的に行っています。事前に日付と希望時間をお知らせください。できる限りご希望に沿うよう善処します。

担当医

吉岡豊一
理事長

吉岡 豊一

(よしおか とよかず)

専門科
外科
外来担当日(曜日・診察帯)
土・午前診
大西彰
副院長・泌尿器科部長
透析センター医長・医局長兼務

大西 彰

(おおにし あきら)

専門科
腎臓内科
外来担当日(曜日・診察帯)
月・午後診
水・午後診
専門分野
腎臓内科全般、透析バスキュラーアクセス関連
出身大学
京都府立医科大学
資格所属学会、指導医、
専門医、認定医等
  • 日本腎臓内科学会 専門医・指導医
  • 日本透析医学会 専門医・指導医
  • 緩和ケア研修会修了
趣味
適度な飲酒、ゴルフ、麻雀
紹介文
2021年度から勤務している大西です。
腎臓内科では、外来ではバルンカテーテル管理や内服調整など各種処置に加え、必要な症例に対しては一人でできる限りの手術をしています。
腎臓内科では症状の緩和や悪化予防、蛋白尿の精査をしています。
透析では毎日の管理はもちろん、内シャント障害の診断治療も積極的に行っています。
患者様とその家族に誠実に、分かりやすく向き合い、過ごしやすい生活の助けになるよう日々考えながら診療に当たります。
名倉良一
透析センター医員

名倉 良一

(なぐら りょういち)

専門科
専門分野
慢性腎不全
出身大学
和歌山県立医科大学
資格所属学会、指導医、
専門医、認定医等
  • 日本透析医学会専門医
  • 一般社団法人 日本臨床内科医会
  • 公益社団法人 日本整形外科学会
  • 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本運動器科学会
  • 京都市深草総合庁舎 嘱託医
趣味
読書、麻雀、小唄
紹介文
兵庫県の姫路市出身ですが京都に来てもう42年になります。
西京都病院でも13年になります。
それまで京大人工腎から始まり、外科、整形外科に従事し、一旦開業医になり再び勤務医になりました。
2023年度に新病院になりますが、今までの経験をもとに地域の医療に貢献できるように頑張ります。
鈴木貫太郎
透析センター医員

鈴木 貫太郎

(すずき かんたろう)

専門科
専門分野
透析、腎臓
出身大学
藤田医科大学
資格所属学会、指導医、
専門医、認定医等
  • 日本透析医学会会員
  • 日本透析アクセス医学会会員
趣味
音楽鑑賞
紹介文
主に血液透析を担当しております。
普段の透析管理および透析シャント管理等に関わってまいります。
慢性腎臓病、慢性腎不全に関することを主にご相談承ります。よろしくお願いします。