top_head ホーム お問い合わせ
病院について
外来診療のご案内
入院のご案内
病院について
病院について
病院について

特色・取り組み
透析センター
消火器センター
上部内視鏡検査
下部内視鏡検査
緊急内視鏡検査
  • 検診のご案内
  • 看護部のご案内
  • 求人案内
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 関連施設
  • 関連病院・協力施設
消化器

下部内視鏡検査

上部内視鏡と同じく、ファイバースコープを肛門から挿入して、直腸から回盲部(大腸と小腸の境)までの全大腸の内部を、肉眼的に観察したり、生検によって病変部の組織を直接顕微鏡で観察することが可能です。
大腸粘膜の状態を観察したり、潰瘍やポリープ、憩室、癌の有無を診断するのに適しています。

当院で受診可能な検査
大腸内視鏡検査 大腸ポリペクトミー ストリップバイオプシー
内視鏡的止血法 色素内視鏡法 イメージ

大腸内視鏡検査(大腸ビデオエンドスコピー)

内視鏡を直腸・大腸に挿入し、腸の粘膜に病変がないか確認や組織の一部を採取したりします。

大腸ポリペクトミー

大腸内視鏡検査の延長として、大腸に出来ているポリープや腫瘍をスネア鉗子で切除します。

ストリップバイオプシー

内視鏡を挿入して、病変組織に生理食塩水を注入して組織を隆起させてから、その一部を切除します。切除した病変は顕微鏡で観察し、診断に役立てます。

内視鏡的止血法

内視鏡を使って直腸・大腸からの出血を止めます。

色素内視鏡法

内視鏡を使って色素液を注入し、組織の染まった色や形状から癌の存在や組織への進行の度合いを調べます。



ページのトップ